診療報酬医事課の職員の皆様 がん外科手術、放射線、薬物(抗がん剤)療法に携わる医療関係者の皆様へ

がん治療における口腔機能管理に関する情報提供

2016年4月改定

平成26年の診療報酬改定に引き続き、平成28年の診療報酬改定においても、周術期口腔機能管理の一部が変更されました。今回も、医科医療機関と歯科医療機関の連携の重要性を重視して、医科医療機関にも加算が新設・増額されるなど、更に医科歯科連携や地域医療連携、チーム医療を推進する動きとなっています。
また、歯科医師の病院訪問診療に歯科・口腔外科を標榜する医療機関に入院する患者に対し、歯科医院と入院先の歯科医師との連携の下に実施される周術期口腔機能管理に対し、訪問歯科診療料と特掲診療料の算定が可能となりました。周術期口腔機能管理計画策定料、周術期口腔機能管理(Ⅲ)の対象が緩和ケアの患者へも拡大になりました。また、周術期専門的口腔衛生処置が増額となりました。
これらの改定に合わせ、本ウェブサイトも一部改定をさせて頂きました。

このウェブサイトでは、診療報酬医事課の職員の皆様、がん治療に携わる医師、看護師や医療関係者の皆様、さらに病院や地域診療所でがん患者さまの口腔ケアに携わる歯科医師、歯科衛生士の皆様に、診療報酬を得るにはどのようにすればよいかを具体的にお示しし、情報提供することを目的として開設しております。コンテンツには病院と地域歯科診療所との間での患者さまおよび診療情報の流れ、口腔機能管理の内容、それに伴う書類や書式、患者さまへの説明文書などを閲覧、ダウンロードできるようにしております。これらのコンテンツが周術期口腔機能管理を実施されるすべての医療関係者の皆様に役立つことを願っております。

このサイトは静岡県立静岡がんセンター、静岡県歯科医師会、サンスター株式会社が締結した3者共同包括研究契約(2006年5月)における研究テーマである「がん治療に伴う口腔合併症の予防・軽減のための医療連携体制の確立」の成果でもあります。

がん周術期口腔管理のページへ